お知らせ

関係者各位
 

8月22日付GOOSEBUMPS社声明につきまして
 

 平素はワンダーフェスティバルの開催に際し、ひとかたならぬご助力を賜り、誠にありがとうございます。

 さて、去る8月2日、弊社およびワンダーフェスティバル実行委員会より発表いたしました「謹告」につき、GOOSEBUMPS社より8月22日付にて声明文が一部関係者に配布されました。同社指摘の契約終了時期の記載につきましては5月末日ではなく6月末日であり、この部分につきましてはまず訂正させていただきたく思います。

 本題であります弊社およびワンダーフェスティバル実行委員会が、同社との契約を終了させ、前開催にて同社の業務委託先として協働しておりましたDimension Array社とあらためて直接にライセンス契約を締結し、次回開催を行うに至った経緯について、同声明文においてはあたかも弊社およびワンダーフェスティバル実行委員会が、Dimension Array社より提示された金銭的条件のみによってGOOSEBUMPS社を排除した、という誤解を与えかねない表現が為されていることは甚だ遺憾に感じております。金銭的条件は企業として重要な判断要素ではありますが、それよりも前開催でのGOOSEBUMPS社主導下において様々に発生した不手際、背信行為を鑑み、運営の透明性、確実性、参加者各位へのホスピタリティ等々の確保と向上を重視したうえでの判断となった次第です。なお、同声明文については日本向けに和文、中国向けに中文の2種が配布されておりますが、翻訳において相違点、誤訳が見受けられ、この点も問題視しております。

 また、Dimension Array社に対しても同様にチケット販売数に関する不正を示唆する表現が為されておりますが、既に同社より直接、正確な販売数の報告を受けており、GOOSEBUMPS社のいう「大幅な過小申告」は「濡れ衣」であることを確認しております。

 近々にも次回上海での開催につきまして概要と参加要項をまとめ、説明会を開かせていただくべく、鋭意準備を進めておりますので、諸々決定次第あらためてご案内を差しあげたく存じます。

 ご関係の皆さまに重ねてご心配をおかけし、不安を招いておりますこと、大変申し訳なく感じております。今後ともワンダーフェスティバルへのご支援、ご協力を賜りますよう、お願いを申し上げます。

平成30年8月29日


株式会社海洋堂 代表取締役

ワンダーフェスティバル実行委員会代表

宮脇修一

このページの上まで戻る