安全開催のために

ワンフェス安全開催のための3つの原則

その1 「入場ダッシュ」は絶対に禁止です

数少ない、入手困難なモノを手に入れたい気持ちはよくわかります。しかし、そのために「大勢の人がいる場所を我先に全速力で走る」という行為がどれだけ危険なことか、いま一度真剣に考え直してみてください。「もしも自分のダッシュがきっかけで事故が起きてワンフェスが消滅してしまったら・・・」ということを、ワンフェスが好きであればこそ本気でイメージしてほしいのです。繰り返しになりますが、とにかく「走る」ことはやめてください!

その2 「ディーラーダッシュ」は絶対に禁止です

ディーラー参加の皆さんは「一般入場者を迎え入れるホスト的存在」です。そんなディーラー参加者が、開場を長時間待ち続けた一般入場者を差し置き、「開場時に場内にいる」という特権を利用して、自分の買いもののために卓を離れてダッシュするのは「大人げない」と思いませんか?「ディーラーは絶対に卓から離れないでください」とまでは言いません。ただし、「走る」という危険行為と、「あそこのディーラーはダッシュしてるんだからウチもダッシュして何が悪い」という開き直りは絶対にやめてください!

その3 開場後10分間はホール間の移動が制限されています

開場後10分間はホール間の移動が制限されています。午前10時の開場より10分間、3ホールと4ホールのを繋ぐ通路(やすらぎのモール)と、6ホールと7ホールを繋ぐ通路(いこいのモール)は封鎖されます。その理由は「少しでも開場ダッシュを減らす」ことにあります。これまで何度にもわたり開場ダッシュの禁止をお願いして来たにも関わらず、未だその原則が完全に守られているとは言い難いのが真相であり、'10年[冬]より「やむなく導入した規制」です。「開場ダッシュがなくなれば、次回からは撤廃したい規制」であることをぜひとも理解してください!

成人向けゾーンの設置と、同ゾーンへの入場方法のお知らせ

ワンフェスは従来より「プロやアマチュアといった立場に捕らわれない造形表現を世に問うための場」として、自由な創作活動に対しあえて規制を設けてきませんでした。しかしながら、青少年育成健全化の社会的情勢や警察からの指導、さらに、いまや参加者4万人を超える規模となり一定以上の社会的責任を負うべき立ち位置となったことを踏まえ、ワンフェスにおきましてもいわゆる「18禁アダルトもの」への対策が避けて通れない情勢となってきました。
その結果、やむなく'09夏のワンフェスより、アマチュアディーラーにおいては出展物のなかに1点でも「18禁アダルトもの」を含む場合は1ホール内に仕切られた成人向けゾーンに配置し、企業ディーラーにおいては各企業ブース内に仕切られた成人向けゾーンが設けられることになりました。これは「全裸や半裸のフィギュア」という表現形態をこの先も末長く守っていくための前向きな対処法だと考えていただければ幸いです。

なお、成人向けゾーンへの入場に際しては、成人向けゾーン入口の係員に「19歳以上であることを証明できるもの(運転免許証、パスポート、健康保険証、タスポなど)」のご提示が必須となります。不公平な対応とならないよう、ご老人など外見的に19歳以上であると思しき方でも必ずご提示いただきますと同時に、ご提示いただけない場合はどなたであっても入場をお断り致します。

ワンフェスの存続にも関わる重要な事柄ですので、あらかじめご理解、ご協力をいただけますようお願い致します。

注意事項

  • ワンダーフェスティバル公式ガイドブックは入場チケットを兼ねています。会場の出入りをする際には、必ずガイドブックの表紙(ワンダちゃん&リセットちゃんのイラストの面)をスタッフに提示してください
  • 近隣住民や近隣企業、警察などから苦情が生じる可能性が高いため、徹夜での入場待ち行列を固く禁じます
  • 場内では、休憩所以外での飲食、及び、喫煙所以外での喫煙はご遠慮ください
  • ゴミは各自でお持ち帰りください
  • 他の方に迷惑のかかる行為(歌う、踊る、大声を出す等)は慎んでください

参加方法別注意事項

このページの上まで戻る